台湾コーヒー視察


三日間お休みをいただきまして

サードウェーブが、大流行中の台湾 台北へ

コーヒーをメインに

街並みや

現地の人の日常

刺激を受けて戻ってきました。


台北

とっても良いところ

親日家も多く

日本人の観光客も多い事から

ローカルな食堂でさえ

日本語と英語が通じてしまう‥

言葉のストレスのなさ

地下鉄の乗りやすさ

タクシーが

沢山走っているので

移動がしやすいし

とっても安い。

どおりで

皆さん台湾へ行くわけです。


今回は

4件のローステリィへ

台北は

コーヒースタンドというよりも

サンドウィッチやケーキを

コーヒーと軽い食事を

一緒に楽しむ

カフェスタイルが

好まれているようです。

ですが

小籠包が、食べたいので

サンドウィッチは食べてません(笑


1軒目の

LIBO CAFE

リニューアルされていたようで

お祝いのお花が沢山

そして

この広さで

コーヒーからフードまで

1人でオペレーション

凄い。


焙煎機は

プロバットの1kを使っていました。

エスプレッソ

ラテは

シーズンブレンド

ダブルショット

何をブレンドしているのか

聞いたのですが

とっても流暢な英語で返されたので

ヒアリングできず(笑

エチオピアとコロンビアと何か

エチオピアのフローラルな香りが

とっても良く

ピーチ

ブラウンシュガーの様な甘さ。

ローストはミディアム

TOGOは

お土産でも購入した

ケニアのウォッシュド

とってもフルーティで

フレッシュジュースの様

美味しい

台湾1日目


ぜひぜひ




コメント